小久江峻
 
 
 
 

今後のスケジュール

9/2  夜市(京成曳舟駅周辺にある橘商店街でのお祭)「おばけのあそびば」というイベントブースを開催(映像作品の展示や紙芝居の実演予定)
9/8~10  芸祭(上野、東京芸大)絵画棟
9/9  木場公園プレーパークにて子供向けイベントブース
10/7~27 RISEGALLERYにて個展
12/2~22 RISEGALLERYにて個展
1/13,14  東京芸大油画卒業制作展「BE MY BEBY」上野、東京芸大絵画棟にて

statement

 

「本当に自分に素直になる。」これが制作で一番大切にしている事です。

でも、どこまでが自分なのか?作品は?

自立していく安定性、もたれかかる不安定性。見えない内側外側。身近な人、遠い人。帰りの風景、昨日食べた味噌汁、生活で出るゴミ…。

そんな、様々な物との「関わり合い」の中で自分は成り立っていると思います。それらを感じ、純度を高める事こそが自分の制作です。

そして作品も、壁、空気、時間、観る人…様々な周りがある中で成立しています。その、取り巻きを行き来する熱によって、作品は立ち上がっていくのだと思うのです。

 

絵や音楽、或いはそれに似た何か。それらが外気へと触れる瞬間、冬の白い息の様に熱が形を帯びる、その瞬間こそが自分の作品となります。

 

My art practice explores the resonance and connections between living things,from my daily life to worlds far away.

I have both painting and music,as a background of my work.And so,both mediums come to intersect and recur throughout my creative process.My work often takes diverse forms not only limited to painting and music,but including installation, performance,and art workshops among others.

Abstract in form,my paintings are made using paper clay,polystyrene board,cotton and so on.,so that they are white and often delicate.On the other hand,the workshops and other such activities I orchestrate involve the use of familiar daily necessities and scrap materials.They become lively colorful events.

I’m embarrassed to call affection but it I think that people possess imagination that allows them to encounter beauty in trivial of the every.This is my conviction and the essence of what I wish to express in my work. 


interview